ブログ|住吉区南住吉の歯科・歯医者ならはやさか歯科クリニック

 
9:00~13:00
14:30~19:00

休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※水曜日午後は訪問診療に対応しております。

tel.06-6626-4182良い歯に

〒558-0041
大阪市住吉区南住吉4丁目8-11

※WEB予約は2018年10月1日に開始いたします。
  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

歯周病で歯を失う前に

2019年4月5日

こんにちは。

大阪府大阪市住吉区にある歯科医院、はやさか歯科クリニックです。

 
歯周病はよくある病気ですが、放っておくと歯を早く失うことになってしまいます。
今回は歯周病についてお話いたします。
 
 

歯周病とは

歯周病は、お口の中に住みついている細菌が引き起こす感染症です。
歯磨きが行き届いていないと、歯と歯ぐきの間に細菌がたくさん潜んでいる歯垢が溜まり、歯ぐきに炎症を引き起こします。
さらに症状が進むと歯と歯ぐきの境目に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、細菌は歯を支える歯周組織や骨を溶かしていきます。悪化すると歯を支えきれなくなり、歯がグラグラしたり抜けることになってしまいます。
 
なお、日本人の成人の約80%は歯周病と言われています。初期段階では自覚症状がほとんどないため、歯周病になっていることに気づいていないことも珍しくありません。
 
 

歯周病の進行過程

1 歯肉炎
歯と歯ぐきの間の溝に歯垢がたまると、歯ぐきに炎症が起きて腫れあがります。
歯と歯ぐきの間の溝は2~3mmになって歯周ポケットとなります。
この段階であれば、しっかりと歯をきれいにして歯垢や歯石を取り除くことで健康を取り戻すことができます。
 
2 軽度の歯周炎
歯ぐきの炎症が悪化すると、歯周炎になります。
歯周病菌が歯を支える組織や骨を破壊していきます。歯ぐきから血が出るようになるのはこの頃からです。
歯周ポケットはさらに深い3~5mmになり、その中に細菌を含んだ歯垢や歯石がたまっていきます。
 
3 中等度の歯周炎
歯周炎がさらに悪化して、歯を支える歯槽骨が半分近くまで溶けていき、歯がグラつくようになります。
歯と歯のすき間も増えて食べ物が詰まるようになります。歯ぐきが縮むため、歯が長くなったと感じる人もいるかもしれません。
歯周ポケットはさらに深くなり、4~7mmになります。
 
4 重度の歯周炎
歯槽骨は溶けて半分以下となり、歯がグラグラしたり抜けてしまいます。
口臭はひどくなり、食べ物をしっかりと噛んで食べられなくなってしまいます。
 
 

歯周病を防ぐために

歯周病は予防できる病気です。次のことに気をつけて歯周病を防ぎましょう。
 
しっかりと歯を磨く
食後にはしっかりと歯を磨き、歯垢を落としましょう。歯と歯ぐきの境目も意識して磨くことが大切です。
 
食習慣を見直す
1日3回の食事とおやつを決まった時間に取るようにしましょう。ダラダラ食べると歯垢が増えやすくなり、歯周病のリスクが高まります。
栄養バランスの取れた食事を取り、抵抗力を上げることも大切です。
 
生活習慣を見直す
タバコはやめてストレスをためずに、健康的な生活を送るように心がけましょう。
定期的に歯科医院で検診とクリーニングを受けることも大切です。
 
 
はやさか歯科クリニックでは、患者さん1人1人のお口の状況をお伝えし、ご一緒にお口の健康づくりに取り組んでまいります。
お口の健康を守るために、歯周病になる前にぜひ一度ご来院ください。
 
 

はやさか歯科クリニック

医院名 はやさか歯科クリニック
院長 早坂 優
住所 558-0041
大阪府大阪市住吉区南住吉4丁目8-11
電話番号 06-6626-4182
URL
診療内容 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・予防・クリーニング・訪問診療など
概要 住吉区南住吉でむし歯・歯周病治療や小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、インプラント、セラミック治療、予防・クリーニング、訪問診療の歯医者ならはやさか歯科クリニック。阪和線我孫子町駅から徒歩5分、土曜も診療しているとても通いやすい歯科医院です。