インプラント|住吉区南住吉で歯科・歯医者をお探しの方ははやさか歯科クリニック

 
9:00~13:00
14:30~19:00

休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※水曜日午後は訪問診療に対応しております。

tel.06-6626-4182良い歯に

〒558-0041
大阪市住吉区南住吉4丁目8-11

※WEB予約は2018年10月1日に開始いたします。
  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

インプラント

インプラントってどんな治療?

インプラントってどんな治療?

インプラントは、天然の歯とほぼ同じような機能を取り戻すことができる義歯です。歯を失った部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着します。あごに固定するため、自分の歯のように食事や会話を楽しむことができる治療法です。ご自宅と歯科医院でのメンテナンスをしっかり行うことで、長期的に使うことも可能です。

歯がないところに行う3つの治療法

失った歯を補うための治療法としては、主に次の3つがあります。

1入れ歯

入れ歯
メリット
治療期間が短く、患者さんの通院負担が軽くて済みます。
デメリット
歯肉の上にのせるため、ズレやすく違和感を感じやすいのが特徴です。周りの歯への悪い影響も起こりやすいです。

2ブリッジ

ブリッジ
メリット
治療期間が短く、患者さんの通院負担が軽くて済みます。
デメリット
ブリッジの土台を作るために、失った歯の両隣にある健康な歯も削ることになります。

3インプラント

インプラント
メリット
ブリッジとは違い、周りの歯を削らなくて済みます。お手入れの際には入れ歯のように取りはずす必要はありません。天然の歯とほぼ同じような感覚で噛んだり会話ができます。
デメリット
治療期間が通常4ヶ月~12ヶ月と比較的長期にわたります。保険適用ではなく自由診療となるため、比較的治療費用がかかります。全身疾患や喫煙習慣があると治療できないことがあります。

歯周病・加齢などで骨の量が少ない人にも対応

歯周病・加齢などで骨の量が少ない人にも対応

歯周病・加齢などで骨の量が少ない人にも対応

インプラントは、天然の歯とほぼ同じような機能を取り戻すことができる義歯です。歯を失った部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着します。あごに固定するため、自分の歯のように食事や会話を楽しむことができる治療法です。ご自宅と歯科医院でのメンテナンスをしっかり行うことで、長期的に使うことも可能です。

インプラント治療にかかる費用と期間

準備中

インプラント治療に使う素材

世界のインプラント市場で広いシェアを占めるストローマン社のインプラントを使用しています!

世界のインプラント市場で広いシェアを占めるストローマン社のインプラントを使用しています!

当院では、世界70カ国以上で500万人以上に使用されている、ストローマン社のインプラントを使用しております。

ストローマン社のインプラントの特徴

ストローマン社のインプラントの特徴

ストローマン社のインプラントは埋入後、5年、10年と長期間を経ても安定していることが最大の特徴です。
インプラントの表面に独自の加工を施すことで細胞との接着性を高めており、顎の小さい方にも適合しやすい点も高く評価されています。
また、治療後にはインプラントパスポートを患者さんにお渡ししているため、日本はもちろん世界各国で取り扱う歯科医院を見つけることができるのもポイントです。

インプラント治療のQ&A

Q今は入れ歯を使っています。インプラントに替えることはできますか?
A入れ歯やブリッジを使っている方も、条件が揃えばインプラントに移行できます。まずはインプラント治療ができるかどうか顎の形や骨量を確認いたしますので、ぜひ一度当院までご相談ください。
Qインプラント治療が受けられるのは何歳から何歳までですか?
A未成年の方は顎の骨が成長途上のため、インプラント治療はお受けいただけません。また、全身疾患をお持ちの方は症状や病気、投薬状況によっては手術ができないことがあります。詳しくは当院までお問合せください。
Qインプラントが健康に悪い影響を及ぼすことはありますか?
Aインプラントの材質としては、骨・体との親和性が高い「チタン」がが多くの場合使用されています。
チタンは骨折をした時に使うボルトや人工関節、人工心肺などに使われている素材で、高い安全性を誇っています。安心して治療をお受けください。
Q一度インプラントを入れたら、それ以降の通院は必要ありませんか?
Aストローマンのインプラントは10年後も約95%もの高い生存率が報告されています。天然の歯と同じように毎日のブラッシングと歯科医院でのお手入れを怠らなければ、半永久的に使い続けることができるでしょう。
ただ、インプラントはむし歯にはならないですが、歯周病にはなりますので、治療が終わったら通院も終わらせるのではなく、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けましょう。そうする事で歯周病やインプラント周囲炎を予防していきます。
Q治療中にタバコを吸っていてもいいですか?
A喫煙を続けていると、切開部や骨がしっかりと結合しなくなることがあります。また、歯周病やインプラント周囲炎にもなりやすくなってしまいます。
インプラントを使い続けられるように、治療中はもちろん、治療後も禁煙を続けていきましょう。
Q手術時間はどのくらいかかりますか? 痛みはありますか?
Aインプラントの埋入手術は1時間~1時間半程度で終わります。そのため、日帰りで手術をお受けいただけます。
手術中は局部麻酔を行うため、痛みはほとんどありません。なお、麻酔の量や腫れの有無などについては、事前に診査・診断結果とともにお伝えいたします。
Qインプラントをしていても目立ちませんか?
A金属部は顎の骨に埋入されています。そのため、口を大きく開いても見えません。
人工の歯は天然の歯に近い透明感や色合い、形に作製しております。そのため、インプラントをしていても周りの人にはほとんどわかりません。